FC2ブログ

1本目にごり酒、酛製造開始。

≪速報≫
ついに蔵では、
今季1本目の酛が仕込まれました。
すでに膨らんでいます。
(膨らむ=酵母の動きが活発になり、
沈んでいた米・麹等が炭酸ガスの影響で浮き、
量が増して見える様)
P1010295.jpg
こんにちは
最近むきになって酒造りに没頭している
清酒 作州武蔵・和心の難波酒造の専務です。


↓↓ブログランキングに参加中です。よろしければ「ポチ」っとお願いします。
「ポチ」がはげみで頑張っています・・・
で~す。
≪鬼の城の続き≫
「鬼の城」から下山したら
「備中国分寺」の近くでレンタサイクルを借りて
吉備路のサイクリングスタート!

今度は、飲み物の購入もぬかりがありません!
P1010205_20150928112152d93.jpg

P1010207_20150928112154a14.jpg

P1010215.jpg
まずは
吉備路の象徴「五重塔」の備中国分寺です。

元々は、
741年、聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺
廃寺となるものの
天正年間(1573年-1592年)に備中高松城主・清水宗治が再興
さらに一時は途切れた様ですが
現建造物は
江戸時代中期の宝永年間(1704年-1711年)に再建
聖武天皇時代の「国分寺」は「七重の搭」があったとか・・・

「備中国分寺五重塔」は、
県下唯一の五重塔で、高さ34.32メートル
初は三重塔で計画されたのを五重塔に変更とかで
3層まではケヤキ材、4・5層はマツ材が主体
平成2年8月から平成6年3月「平成の大修理」が行われました。
修理は半解体工事の予定が
工事途中の台風被害で破損したため全解体工事。。。だったとか


早速写真撮影をしたらそそくさと
今度は、つくり山古墳「作山」へ向かいます。
つくり山古墳にはかなり近い距離に
「作山」「造山」の二つがあります

区分するときは「さくざん」「ぞうざん」と呼び分けるとか・・・

でも時間が遅いので
到着しても登る時間が取れないことから
全国で9位の規模とされる「さくざん」は断念。
途中で引き返しました。

「備中国分寺」前のサイクリングロードを東へ
石室に入れる「こうもり塚古墳」へ向かいます。
P1010216_2015092811215798b.jpg

P1010218_2015092811215809a.jpg
ここは、岡山県下三大巨石墳の一つに数えられるそうで
石室から柵越しに玄室(げんしつ)内も見られます
(・・・少しだけ照明が欲しいです・・・・
中が真っ暗なもので、肉眼では奥は良く見えません・・・)

さらに備中国分尼寺跡を見学
案内看板はあるものの礎石位置も良くわからず
何となくがっかり・・・・
P1010220.jpg

P1010221.jpg
次に「造山古墳」へ
造山古墳は三段築成の墳丘をもつ超巨大「前方後円墳」
全国では
大仙陵古墳(仁徳天皇陵 約486メートル)
誉田御廟山古墳(応神天皇陵 約420メートル)
上石津ミサンザイ古墳又は石津ヶ丘古墳(履中天皇陵 約360メートル)
につぐ全国で4番目の大きさです。


上位3古墳が天皇陵とされ
立ち入り禁止されているので
立ち入り出来る最大の古墳であることが大きな魅力です。

曲がるポイントを間違え
自転車で迷子になるも、近所のおねえさんに聞いたら
親切に極めて細かく道順を教えてくれました

自転車で少し走ると
教えられたとおり上に登る石段が見えてきました
P1010223.jpg

P1010225_201509281122284b1.jpg

P1010227_201509281123176cf.jpg

P1010224_20150928112319ca4.jpg

P1010225_20150928112320935.jpg

P1010230.jpg

P1010228_20150928112324c9c.jpg

P1010231.jpg
ここらで
もう足が、ヘロヘロです。
上までは、無理。

子供だけを登らせて私は途中で断念。

下山(小さな丘ですが・・・)したらまっすぐ
レンタサイクルを返しに行き
長い、一日を終えて帰路に着いたのでした。

・・・・夜早速太ももの傷みで目が覚めました・・・・
チト駈けずり回り過ぎたかしら・・・・










>>>作州武蔵ホームページへ!


>>>和心(わしん)現在の出荷中製品!





↓↓押し忘れの方・・・どうかポチくださ~い!





中国連邦の山間の酒蔵から
清酒 作州武蔵・和心の難波酒造
岡山県津山市一宮436
℡ 0868-27-0008 FAX0868-27-0234
スポンサーサイト



テーマ : 岡山県♪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記