fc2ブログ

「鬼の城」登山のご報告。シルバーウイークを利用して・・・

こんにちは
最近むきになって酒造りに没頭している
清酒 作州武蔵・和心の難波酒造の専務です。

シルバーウイークを利用して
岡山県の南西部にある
古代の山城、「鬼の城」に登って見ることにしました。
今回は
ハイキングの一日の詳細な記録でお付き合い願います。



↓↓ブログランキングに参加中です。よろしければ「ポチ」っとお願いします。
「ポチ」がはげみで頑張っています・・・
で~す。
いくつか「大失敗~」をしましたので
後に登る人の為に詳細な報告を・・・・!

「鬼の城」と言ってもゴルフ場やパチスロではありません。
「鬼の城」は
鬼城山(標高397メートル)の山頂部。
すり鉢形の山容の8〜9合目の
外周を石塁・土塁の城壁が鉢巻状に2.8キロメートルとりまく。
城壁によって囲まれた城内の面積は約30ヘクタールあるそうです。

我が家の女性陣は声をかけるも、
山歩きには全く興味なし~。
結局
愚息と2人で出かけました。

途中、コンビニでおにぎりを買い込みます。
総社インターを降りて
カーナビを
鬼の城ビジターセンター×と思い込み
セットしようとするも・・・出て来ません。
正しくは
鬼城山ビジターセンター〇・・・これは後からわかりました。
仕方がないので℡番号0866-99-8566で登録!!

総社インターから8.5km北方向ですが
最後、3km舗装はしてあるものの
退避場所しか車がすれ違えない
かなり狭い山道です↓↓
P10101071 (1)

P10101071 (2)
先行する車の後に充分な車間をとって後続します。
先行車両と車間を余り詰めすぎると
すれ違い場所によっては
1台分しか退避する場所が無く
かえって車が詰まって渋滞の原因になりそうです。

何とか到着~。

鬼城山ビジターセンターからは
真っ直ぐ上がると再建してある西門までは
約300mくらいなのですが、これでは面白くありません。

あえて、
三十三観音みちコース
つまり
鬼城山ビジターセンターから
鬼の城の反対方向に歩き始めるコースで
西隣の犬墓山(奇岩の信仰の山)を経由するルートとしました。

コースの入口の地図に表示してある予定は3.5時間。
「半分の時間で廻るぞ~」と・・・まだ意気盛ん!

鬼城山ビジターセンターでは、
城の成立理由
発掘資料・城のつくり、工法の推定等、
各種資料が分かりやすく展示されています。
まずは、ここで真面目にお勉強。。。。

約1350年前『日本書紀』に白村江の戦いに敗れた倭国は、唐・新羅の侵攻に備え西日本の12箇所に朝鮮式山城を築いた、ただ、「鬼の城」は史書に記録が無ので、分類的には神籠石式山城(12の朝鮮式山城以外の記録が無い城)と呼ばれる区分。

「鬼の城」と正反対方向のコース入口から登り始めます。

■失敗その1・水の失敗。
私は、昔から「旅行」「山登りの荷物」は極力軽くする人です。
途中コンビニで買った、500mlのペットのお茶と、
子供が車中で飲みかけていた、コーラの500mlのペットのみを
リックに詰め、重い魔法瓶式の水筒は車中に残しました。
秋としては日射しが強く、これが後で悲劇を生みます・・・・。

なお、ゴミを嫌ってか
鬼城山ビジターセンターには
飲料水の販売機などは設置していません。
「顧客ニーズを考えない」お役所仕事の典型です。
・・・・これはぜひ設置してほしいものです。

■失敗その2・半ズボンの失敗。
日差しが強い日だったので、
上着として2人とも海用に買っていた
長袖のUVガードパーカーを使用・・・これは大正解。
愚息は、軽いハイキングコースと甘く見て
クロップドパンツ(7分丈のパンツ)で登山ですが
通路に「カヤ」や「サルトリバラ」がせり出しているところが多くあり
かなりひどい目に・・・

初めはかなり急斜面が続きます
登り始めてからたった15分ほど
↓↓犬墓山」山頂展望台で早くも昼食~!
「これなら、食べてから登っても一緒じぁ~」
「景色のええところで食べるのがええんョ!」
P10101071 (5)

P10101071 (4)

P10101071 (3)
遠くにほぼ同高度で鬼ノ城の再建された西門が見えます↑↑

やや12時を廻ったところ
日差しの強い時間帯に
後に続く人もなく
10分間の昼食時間は、
頂上では全く人影も見えず「貸し切り」状態でした。

山で食べるおにぎりは美味しいですョ~
ふと横を見ると
愚息がペットボトルのお茶をがぶ飲み~!
「バカヤロ~
コースは、これからなのにお茶飲んでしまうなョ!」
もう残りのお茶の方が少ないではないですか

この後、奇岩のある方向に歩くのですが
最終目的地の「鬼の城」はどんどん遠ざかります
ここで、

■失敗その3・地図が無い失敗。
PCで地図&ポイントの解説を印刷したつもりでリックに詰めていました。
当然ゴミを増やすだけと鬼城山ビジターセンターでも
地図はもらっていません。

ところがその案内を良~く見ると、
「鬼の城の中の地図」はあるものの
犬墓山側の地図は全く印刷されていませ~ん。
・・・・途中に時々ある案内看板だけが頼りであることに気がつきました。

この後分かれ道の度にどちらに行くべきか悩むことになります。
P1010127.jpg
ルートは、傾斜的には楽なコースが続きます。
気軽なハイキングです。
岩切観音↓↓
P1010130.jpg


P1010129.jpg
鬼の差し上げ岩↓↓
P1010139.jpg

P1010140.jpg

P1010141.jpg
余り寺らしくない・・・岩屋寺↓↓
P1010142.jpg
「速足」が続いたので、かなりくたびれてきました・・・・。

鬼の城まで3.2km・・・・
けっこう遠い・・・
≪後半に続く≫
蔵では急ピッチで仕込み準備中です!









>>>作州武蔵ホームページへ!


>>>和心(わしん)現在の出荷中製品!





↓↓押し忘れの方・・・どうかポチくださ~い!





中国連邦の山間の酒蔵から
清酒 作州武蔵・和心の難波酒造
岡山県津山市一宮436
℡ 0868-27-0008 FAX0868-27-0234
スポンサーサイト



テーマ : 岡山県♪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記