FC2ブログ

タメ・試桶(ためおけ)の戦後の変遷・・・その1

タメ・試桶(ためおけ)とは、1斗入りの容器です
少量の清酒・もろみ・水などを運ぶのに用いる
把手(とって)がついています。
基本はかついで移動するために使います
もともとは木製です
ため
木製は、だんだんタガが緩むため
ほぼ毎年、整備が必要な上
殺菌の手間、浸み込み等のデメリットがあります

それを改善すべく
いろいろな材質のものが登場します
アルマイト
アルミ系金属?
FRP
スンレス
プラスチックetc.

試桶は液体の少量運搬の用途の他に
清酒をろ過する際に珪藻土などの
ろ過助剤を溶かし攪拌する時にも使用されます
計量カップ代わりにも使用されます

まさに、蔵の中では多用される、万能容器です。
この多様性ゆえに、いろいろな材質が登場したのだと思います。


過渡期のこれらは忘れ去られ消えていく運命だと思います
やがて蔵から淘汰されるであろうこれらを記録すべく
次回は、この多様な材質について見ていきます・・・・







↓↓↓ブログランキング、お酒・ドリンクで・・・
↓↓順位確認かねて・・・ポチくださ~い!



日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記