fc2ブログ

醤油工場の現状の見学に小豆島に渡りました・・・・その4

人口3万人の島に16軒の醤油メーカーが
ひしめき合うこの島では

醤油メーカーの多くは
佃煮、タレ等の製造を副業として行い
中には、搾り機を生かしてか
オリーブの圧搾と兼業するところもあるらしい
P1000974_20120814091053.jpg
地元スーパーの商品構成は・・・さぞ地元醤油が強いだろうと
「マルナカ新土庄店」の売り場に
お邪魔しました・・・

さすがに醤油売り場は、やや広くとってあるのと
一部にわずかに地元産の1升瓶の醤油が置いてあり
よ~く見ると、やや、マルキン・タケサン等の
地元有力メーカーのウエートが少しだけ高い・・・
タレ類にやや地元産が多い以外は
他県のスーパーとなんら変わらず・・・やや期待外れ

関西圏でも強い最大手キッコーマン(高砂に工場がある)と
対岸の業界4位ヒガシマルが多くの棚を占め
客寄せの安売りに、三重と岩手のメーカーのものが
これでもかと山積みされるなど
悲しいかな地元醤油の影は、かなり薄い・・・・


ただ唯一救いは、ホテルの卓上にはマルキン醤油が
バイキングでも、地元産「佃煮」が多数並ぶなど
「そうめん」、「オリーブ」とともにたっぷり地元産品が楽しめた小豆島でした。








↓↓↓ブログランキング、お酒・ドリンクで・・・
↓↓順位確認かねて・・・ポチくださ~い!



日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記