fc2ブログ

醤油工場の現状の見学に小豆島に渡りました・・・・その3

次はヤマロク醤油さんにお邪魔しました
ここは、手づくり天然醸造を前面に打ち出しています
「梯子」や「桶の表面」「はり」に真菌が繁殖し、
胞子が浮いていま~す・・・

これは、
同じ醸造業でも、清潔、無菌を重視する
清酒醸造業とは全く発想が違います。
かなりのカルチャーショックでした。
P1000977.jpg
搾り機は、以前うちの蔵で使っていた佐瀬式とほぼ同型
柱も、油圧のシリンダーも
後の醤油専用のごついタイプと違います

ただ
導入当時と同じ機械を使いながら
以前と全く違う使用方法で搾っている様です

導入時にはおそらく柿渋引きの麻袋で
舟も下まであったはずです・・・


今は、腰から上の高さの台の上で、
梯子のような枠で小さく4分割して
それぞれの枠に布を入れて使用されていました・・・

茶色に白で格子のプリントのある
布を搾り用に使用されていましたが
これは、斜めに歪まないための工夫の様です

以前津山にあった醤油屋さんが
うちと同じラベラーを使用しながら
故障が多発するとぼやいておられました・・・

きれいに錆止めで塗装された油圧圧搾機を見ると
塩分を使う醤油醸造業の機械整備の大変さを
窺い知ることができました。






↓↓↓ブログランキング、お酒・ドリンクで・・・
↓↓順位確認かねて・・・ポチくださ~い!



日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

tag : 佐瀬式 搾り機

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記