FC2ブログ

斗瓶(ビン)採り(斗瓶取り)の斗瓶は、どこからやってきたのか????

出品用吟醸酒は、袋吊りして、
たれ始めから、順に、18ℓの「斗ビン」に採っていく
・・・「斗ビン採り」をするのが普通です。
同じ酒でも、香りの強さ、雑味が微妙に異なります。

最近は、少量の液体輸送は
キュービーティナーに替わりましたが
醸造用の乳酸は、最後まで長~く
この容器で送られてきていたようです。

どこの蔵でもこの乳酸用の斗ビンを
使っている場合が多いのではないでしょうか?
ガラスは異臭、異物の溶出、香りの吸着もなく
もっともよい材質と言われています。
同じ理由で、最近ホーローのタンクも見直しされてきているとか

斗瓶の使用済みのいらなくなったものは
長い間、屋外に放置されていました
かなり無造作に・・・
↓↓うちの蔵も予備の残りがいよいよ最後の1本です。
P1010946.jpg
この「斗ビン」手作業での制作なのでしょうか?
口のサイズはまちまちです。
洗浄操作中に簡単に割れてしまうこともあります
よ~く見ると厚みは、極端に薄い場所があったり、
厚い場所があったり・・・割れない方が不思議なつくりです。

洗浄は、砂を入れて振り回すのですが
これがまた重労働&破損リスク大です・・・
うちでも、1日に3本割ったことがあります・・・







↓↓↓ブログランキング、お酒・ドリンクで・・・
↓↓順位確認かねて・・・ポチくださ~い!



日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記