fc2ブログ

「利き猪口(ききじょこ)」ってしっています?では「本利き(きき)」と「呑み利き(きき)」の違いは?

酒造用の陶器屋さんが「利き猪口(ききじょこ)」
のキャンペーンをしていたので
少し買い足すことにしました
利き猪口(ききじょこ)も大きく二つに分かれます
簡単に解説を・・・・

1つは「本利き(きき)」・・・サイズは一合入りで薄手で軽量です
内側底の紺色の蛇の目も手書きで浮き上がっています
これは社内での利き酒用や、品評会用の本格的な物です
お値段もかなりします・・・・
紺色の蛇の目は、照り、うるみを見るためのものです


ただし、近年の品評会では評価が「色」に左右されないように
わざと色の見えない「アンバーグラス」と言う
琥珀色のガラスコップを使うことが多くなり
お酒のプロでも「本利き(ぎき)」にあまりお目にかかれないです・・・
本利き
以前は、おやっつぁん(杜氏さん)が搾った酒を「本利き」に注ぎ「麹蓋」に並べ
評価を求め親父のところに持って来ていたのを思い出します


2つ目はおなじみ「呑み利き(きき)」・・・比較的厚手で頑丈です
量産品なので価格もそれなりにお手ごろ
底の蛇の目も印刷で浮き上がってはいません

サイズも1勺、2勺、2.5勺、3勺、5勺、8勺、1合と各種あるようです・・・
居酒屋で普通銘柄の入った良く見られるものがこれです
世間一般では「利き猪口(ききじょこ)」とはこれのことになっているようです


今回は、店売り用&社内利き酒用の補充用に
無印の「本利き(きき)」を少量と
「作州武蔵」のマーク入りの小型の
「呑みきき」を1種類だけ発注しました・・・・



↓↓↓ブログランキング、お酒・ドリンクで・・・
↓↓サボっていたら急転落・・・ポチくださ~い!



スポンサーサイト



テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本利きは、通常、高台のところに窯元の銘が入ります。
なので、そちら(本利き)の方こそ、「作州武蔵」の銘を入れるべきだったかと。。
(素人なので、考え違いしてたら、ゴメンなさい。
プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記