美作の国の一宮 1301年目の正月。

蔵のすぐ上手にある美作の国の一宮
中山神社は、
不況と共になのか?
近年、参拝待ちの列がだんだん
長くなってきていたのですが・・・・
P1000121.jpg
↑↑昨日の午前の様子。

昨年までは、同じ時刻には、カメラ位置以上の
長蛇の列でした・・・・・

↓↓前年はこんな感じ
P1030089.jpg


↓↓ブログランキングに参加中です。よろしければ「ポチ」っとお願いします。
「ポチ」がはげみで頑張ってます・・・
で~す。


今年は、本殿前の列は短く
その代わりに
↓↓手水舎(ちょうずや・てみずや)までが異常な大渋滞・・・
なんでじゃろ?
P1000135.jpg
さては、昨年の伊勢神宮・出雲大社の遷宮で、
正式な手水の作法を学んだ方が
増えたのかしら・・・・





>>>「作州武蔵 季節商品」好評出荷中!

↓↓押し忘れの方・・・どうかポチくださ~い!



スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

鳳輦(ほうれん)の不思議・・・・と、朝日米・純米酒、添え仕込み米、洗米です。

昨日の秋祭りの鳳輦(ほうれん)の行幸は、
あいにくの雨で、中止となりました・・・・・・・・。


↓↓ブログランキングに参加中です。よろしければ「ポチ」っとお願いします。
「ポチ」がはげみで頑張ってます・・・
で~す。



美作の国の一宮、中山神社の門前で生まれた
私なんぞは、何も、
不思議に感じたことが無かったのですが・・・・・・・・


うちの嫁が言うのです、
ここの神輿は、お・か・し・い・・・と・・・・



とうとう、「浦安の舞」の指導に来ていた方に
その謎を聞いたそうな・・・・
「ここの御神輿は、なんか変だと・・・・」


そのお答えは・・・・・
『ここの神社は、鳳輦(ほうれん)で
「御神輿」とは違う』そうです。


そう言えば、
以前の白岩宮司(ぐうじ)さんが、
私らが、祭りの「輿」担当で「御神輿」を練ろうとすると
「揺らしてはいけません、
(高貴な方の乗られる)鳳輦(ほうれん)ですから」と
・・・・強く叱られたものです・・・(^^;)。


同じ津山市内でも、御城下の徳守神社の
御神輿(=日本三大神輿と言われるデカい神輿です)
・・・・・70人ずつの交替で、
途中でわざわざ練る場所を設け、見せ場を造ります。
・・・・これを知っているので余計に始末が悪いのですが・・・

中山神社では、
宮司(ぐうじ)さんの言いつけを守り・・・・
祭りの時は、静かに、静かに、1km先の御旅所まで
鳳輦(ほうれん)をお運びしていました・・・・。


帰りも、無言で静かに、静かに・・・・
さすがに退屈し・・・・神社の鳥居付近まで帰って来ると
宮司さんの車も離れ・・・・
鳥居のあたりで

その昔、若かりし頃には・・・・・
今がチャンスとばかり、酒の勢いも手伝って・・・
わっしょい、わっしょい・・・・
・・・・・・・・ま、若気の至りと言いますか
やった事もあります・・・
・・・・神様・宮司様ごめんなさい~(^^;)



本日、朝日米・純米酒、添え仕込み米、洗米です。
今日は、職員休みにしていましたので
子供も動員して米洗いです。
P1000026.jpg
一番下の子は、まだまだ戦力外ですが・・・
P1000027.jpg
↑↑下から2番目は、いい仕事しだしました・・・・。


↓↓ついでにうちの子が出た「浦安の舞」の写真です。
P1000020.jpg









↓↓押し忘れの方・・・どうかポチくださ~い!



テーマ : 岡山県♪
ジャンル : 地域情報

tag : 鳳輦

1300年目の秋祭り

今日は、蔵から110m西にある
美作の国、一宮「中山神社」の
秋祭りです。


↓↓ブログランキングに参加中です。よろしければ「ポチ」っとお願いします。
「ポチ」がはげみで頑張ってます・・・
で~す。

うちの子が、浦安の舞を踊りますが
↓↓あいにく曇/雨・・・余りスッキリしません。
P1040660.jpg
この中山神社、
社伝によりますと慶雲4年(707年)の創建と言われていますが、
美作国の建国時の創建だろうと
713年が正しいとする説もあります。


後者が正しければ、
今年が1300年目。
収穫祭として
秋祭りが今のような形になったのは
いつごろなのでしょうか?


蔵では、
純米酒 朝日米の酛が順調に膨らんでいます。
明日、添えの米を洗います。







↓↓押し忘れの方・・・どうかポチくださ~い!



テーマ : 岡山県♪
ジャンル : 地域情報

中山神社の猿神様のたたりじぁぁぁぁぁ

昨日、美作の国1300年記念の猿神退治のミュージカルが
うちの蔵から北西にわずか110m
中山神社の境内の特設ステージで行われました。


↓↓ブログランキングに参加中です。よろしければ「ポチ」っとお願いします。
「ポチ」がはげみで頑張ってます・・・
で~す。

中山神社ステージ
↑ステージ、照明・・・・金かかっています・・・・

img163.jpg
猿役で出演する下の子が
本番の夕暮れ時に合わせた前日のリハーサル終了直後、
境内を走り回っていました・・・・


津山城から移築されたと言われる
四脚門の一番低い梁の下を
まず、背の低いAちゃんがすんなり走り抜け


その後を追ったうちの子が
夕闇でよく見えず・・・・
ぐあ~~ん、バタ~~ん。

顔が、梁に直撃!・・・・さらに石畳の上に倒れ込んだのでした。

右目は「お岩さん」の様に腫れ、メガネは曲り、
右目の横には青あざが・・・・



一晩中冷やして・・・・
ま、後は、化粧で隠してもらうか?
何て言っていたら・・・・・

現地に行ってビックリ
うちの子の先にすんなり、くぐり抜けた無傷のはずのAちゃん
家の飼い「猫」にひっかかれたとかで
うちの子と反対側、顔の左側に
大きなひっかき傷をつくってやって来てた・・・・・そうな





↓↓押し忘れの方・・・どうかポチくださ~い!



テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : 猿神退治

皆さん初詣行きましたか?中山神社では初詣参拝の行列が

すぐ前の中山神社では
元旦の昼前には、↓写真の四脚門(元津山城の城門)から拝殿まで
30~40mの間びっしり参拝の順番待ちの行列が・・・できたそうです
中山神社 四脚門
昼間にそこまで混雑するのは珍しいです・・・


中山神社 鳥居
年末31日の夜の道路の状態が、いまひとつだったせいで夜こられなかった方が

それとも一人当たりのお願いが長かったか

←これだけが励みです!「ぽち」お願~いします!

テーマ : 岡山県♪
ジャンル : 地域情報

プロフィール

作州武蔵くん

Author:作州武蔵くん
中国山地の片田舎&小酒屋の長男に生まれてしまい、しかもなぜか進んだ道は薬剤師と言う変人です。
全職員が一丸となって酒づくり

薬屋が酒つくるとこうなるのだ!

リンクはご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

五代目杜氏の徒然日記